国際脳プロジェクトに参加したい

BMB HBMでは、国際脳プロトコルを用いた研究を推進し、データベースプロジェクトへ参画いただける機関を募集しています。研究導入やプロジェクトへの参入にはいくつかのレベルがあります。もしご興味がありましたら、ご連絡をいただけますと幸いです。


共同研究内容実施要件
HARP/CRHD のインストール条件を満たすMRI機器を有すること
最低22分以上の計測時間が確保できること
BMB HBM projectへの参画条件を満たすMRI機器を有すること
最低22分以上の計測時間が確保できること
必要な倫理規定をクリアすること
TS法を用いた技術提供、計測支援既存のプロトコル、新規プロトコル双方が計測可能であること
必要なTS被験者を確保できること
既存プロトコルの改良既存プロトコルに計測シーケンスを追加できること

HARP/CRHD のインストールに必要なMRI機器

  • 以下のMRI機器を有すること: Prisma, Prisma fit, Skyra, Skyra fit, Trio A Tim, Verio Dot, Verio (いずれもSiemens社製)
  • 32ch head coilを有すること
  • Multiband がインストールされていること(Minnessota 大学開発。各施設の契約状況など、詳細はSiemens社担当者にお尋ねください)

既存プロトコル改良の一例

  • T2強調画像 → ミエリンマップの作成、皮質下亜区域の分割
  • rsfMRI field map → 画質改善
  • rsfMRI AP/PA 分割  → 画質改善
  • rsfMRI 計測時間追加 → FC map 安定化, 波形解析
  • DWI b=0 map, AP/PA 分割 → 画質改善

タイトルとURLをコピーしました