国際脳チュートリアル2020

2020年9月27日(日)ZOOMにて開催しました。160名を超える参加登録をいただきました(詳細はintroduction.pdfをご覧ください)。

チュートリアル内容

事前準備資料.zip

introduction.pdf, 文字起こし, YouTube

SRPBprep.pdf, 文字起こし, YouTube

ts.pdf, 文字起こし, YouTube

combat.pdf, 文字起こし, YouTube

BMB protocol and pipeline.pdf, 文字起こし, YouTube

BMB TS and closing remark.pdf, 文字起こし, YouTube

チュートリアルアンケート

R markdownによるアンケート結果の集計

Rmdファイル、Google formよりダウンロードしたアンケート結果csvファイル

R markdown ファイルは2019版からほとんど変わっていないので、どなたか改良していただけると大変助かります。

チュートリアル指針(2019年度作成)

  • 多くはエンドユーザー、MRI解析ソフトウェア開発ではなく、ソフトウェアを利用した神経発達理解、病態解明を目指している
  • 国際脳プロトコル、TSにより、日本独自の共同研究体制の土台ができている
  • 国際脳機関内で共同研究提案をだしてくれる(若手)人材が必要

そのため

  • 得られたデータのQC体制と標準化
  • CIFTIデータの可視化の具体例
  • データベース利用方法説明
  • BMB HBM前処理パイプラインの説明
  • HCP project等との国際連携紹介

を組み込んでいく予定です。

タイトルとURLをコピーしました