クオリティコントロール (QC)

得られた画像のクオリティコントロール(QC)については、以下のステップで行われています。

  1. MRI計測中の画像チェック:もし画質が悪く、計測時間に余裕がある場合、再計測を依頼しています。
  2. アノマリーと異常所見のチェック:脳画像解析に向かない所見をすべてのデータで確認しています。
  3. 画質のチェック:得られた脳画像の画質や脳画像枚数を確認します。また、共有に先立ち、Deface(顔情報の削除)が適切に行われているか確認します。
  4. 脳画像解析の途中段階および最終段階で、解析がうまく行われているか確認します。

すべてのQCは共同研究機関内で分担して実施され、すべての特記事項が共有されることになっています。


タイトルとURLをコピーしました